スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国戦国BASARA弐 第十二話 『蒼紅決死戦! 激闘の果てに吹く風の音よ!!』(最終回)

日ノ本各地での激闘を散りばめた第十二話、最終回にふさわしい派手派手しさで楽しめました。

個人的な見所は、小十郎 vs 半兵衛、それからもちろん、政宗 vs 秀吉。

ついでに、幸村 vs 要塞「日輪」。あえて毛利元就とは言わない。
だって、あれはどうみても、幸村は要塞と戦ってました。
結局、幸村は二本の槍であの巨大要塞を止めたわけで、直接的な動機が要塞の先にある村を守るためというのが、幸村らしくてよかった。



お待ちかねの小十郎 vs 半兵衛(わくわく)、半兵衛が率いていた兵たちを、小十郎はほとんど剣も抜かずに怒涛の勢いで蹴り倒し、頭突きし、殴り、なぎ倒す。

マジ切れの様相を、半兵衛はうっとり…あ然として見ている。

ここに来て初めて半兵衛は、伊達の普段は冷静な軍師の中身が、実はむちゃくちゃ熱苦しいヤツだということに気づいたらしい。つまりは本質的によく似た主従なのだ。

1対1の対決、ここまで本当に長かった。今クール小十郎はずっと囚われの身で、このまま活躍できなかったらどうしようと不安に思ってたが、なんとか見せ場があってよかった。

半兵衛が意外に強いのもイイ。
あの小十郎とほぼ互角、病気じゃなかったら小十郎でも苦戦したのではないかと思う。
が、お約束どおり、半兵衛は戦いの途中で血を吐き、それでも小十郎に「きみに捧げる命はない」という強気発言に萌えた。
最期までSキャラを通して、追い詰められた崖から顔色ひとつ変えずに海へと墜落していく……。

イイキャラだった。中のひとが石田さんなので、当然のように期待してたけど、期待通りでした。
最近この手のキャラは石田さんに定着なのか。小難しいキャラなら石田さんというイメージです。


で、小田原城で待ち受けていた筆頭と巨大ロボ秀吉の対決。
やっぱり秀吉が、巨大化してる! まわりの誰かつっこめよ(笑)
圧倒的に強くて、筆頭がぼこぼこにされるのはいつものパターン。
小田原城が崩壊。
ところが政宗は瓦礫の中からしつこく立ち上がってきて……。

正直、もう死んでるんじゃないかと危惧しましたが(実はもう死んでるのに、強固な意志の力だけで身体が動いてるみたいな)、六爪がぼろぼろになってなくなっても、最後に残ったのは小十郎の愛刀だった。
クライマックスの反撃、ついに秀吉を倒してしまう。

倒れた秀吉は懐から例のお守り袋(ねねの形見?)を取り出す。
夢吉が慶次から盗んで、秀吉に届けていたらしい。
秀吉、これは慶次が持っているべきだとつぶやくと、お守り袋は瞬間移動して再び慶次の手に。(って、どうやったんだ!)

途中、秀吉、半兵衛、慶次の三人が丘の上でのんびり語り合うシーンを見て、慶次まで死んでるのかと焦りましたが、生きてました。まぎらわしいっ。

結局、慶次はなんだったんでしょうね? 本人はやれるだけのことをやったから、納得してたみたいですが。
よくわからない風来坊キャラを通した模様。


で、かなり端折りますが、秀吉がいなくなって、また天下統一ゲームが振り出しに戻ったというところで、大団円(?)。ゲーム的には大団円だよね。またプレイできるから。

そういえば、家康が復活してましたね。参に続くのか、あ、その前に映画か!

「パーリィは終わらねえ!!」


2011年、完全新作とやらを楽しみに待ちたいと思います。








スポンサーサイト

テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

戦国戦国BASARA弐 第十一話 『覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!』

囚われの姫、小十郎を助けるのは政宗だと思ってたのに違ってた……。

風魔が暗躍する大阪城にどさくさに紛れて忍び込んだ佐助とかすが。
豊臣の軍略を探るためだったが、たまたま小十郎が囚われているのを発見して、助ける。

そして三人は半兵衛の描いた日ノ本平定の軍略地図を発見、その全貌を知ることになる。

――って、半兵衛、そんなトップシークレットを置きっぱなしにしちゃダメでしょ?
まさか、これも半兵衛の罠だったりして……(考えすぎ)。

壮大な軍略には、謙信を背後からつく計画も含まれていて、動揺するかすがに、
「すぐに飛んでいって知らせな」
佐助は自家用ヘリ…飛行具を手渡す。

そこへいきなり敵が現れて佐助に襲い掛り、これがめちゃめちゃ強い。さすがの佐助も防戦の一方かと思えるほど。

風魔小太郎だった。
相変わらずひとことも発せず、サイボーグみたい。中のひといないし(笑)

佐助に早く行けと促され、後ろ髪を引かれる思いでかすがは飛行具で謙信の元へと向かう。
小十郎は風魔の狙いが佐助の手にしていた刀だと気づき、佐助がそれを投げ出すと、風魔はそれを奪って何処へと姿を消すのだった。

馬で脱出した小十郎は豊臣の兵たちに追われながらも、毛利の手下たちが地下牢に閉じ込められているのを見かけると、親切にも鍵を開けて縄を垂らしてやる。

一方、小田原に向かおうとしていた政宗、長曾我部は、またもや松永と出くわすが、コレクターの松永は刀を風魔が大阪城より持ち帰った宝刀をゲットすると満足し、風魔小太郎と共に姿を消す。

結局、松永はコレクションにしか興味がなかった? 
個人的には、浮世離れしていて自分の価値観だけで突き進む感じが、いっそすがすがしくて、嫌いではないな。

そこへ駆けつける小十郎。感動の再会!!

政宗、すごくうれしいくせに、クールな表情を装うところに激しく萌えた!!!!!

長曾我部は小十郎の知らせで、囚われていた手下たちを救うため、政宗たちと別れて大阪城へと向かう。

「よく戻った」

政宗との再会を喜びあう間もなく、小十郎は政宗の背中を守るべく、半兵衛を追ってひとり西へと馬を駆る。
次回は小十郎と半兵衛の一騎打ちが見られるか!?(わくわく)


大阪へとむかう要塞、日輪の上では毛利を謀殺しようとした赤川を切り捨てる。半兵衛がはなっていたスパイだと最初から毛利は見抜いてたという。

人望がないから毛利ひとりを片付けば、全軍豊臣に寝返るだろうという半兵衛の読みは正しかったかもしれないが、毛利もその裏を読んでました。

さて、毛利ひとり謀殺して、日輪をちゃっかりいただこうと待っていた豊臣軍に、日輪の主砲「てんようの槌」
字がわかんない…(笑)

主砲、なんかすごいんですが……。砂漠で太陽熱集めて、発電用のタービン回すやつみたい。

それを、島津軍をひきつれた幸村が目撃、驚愕する。

でもこれさ、天気悪いと使えないよね。太陽が出てないとダメだし、夜間は使い物にならない。
無敵じゃないんじゃない?


ええと、慶次だけど、小田原へ進軍する秀吉をとめようと、馬で向かってくる軍をまえに両手を広げて立ちはだかり……

どこかで見た絵だと思ったら、ナウシ○か!
しかし攻撃色になった王蟲…秀吉には通用せず、空高くへと放り上げられ――これは死んだな。


と思ったら、生きてました。
ある意味、無敵な慶次。懲りない、学習しないとも言う。

秀吉、完璧スルーでした。

政宗との会話では、慶次、ちょっとかわいそうだった。


半兵衛、毛利の謀殺を仕損じたことを知ったところへ、小十郎が追いつく。
「……きみか」
ついに直接対決?(わくわく)


そして、秀吉が小田原にやってくると、政宗が待ち構えていた!



ええーー、次回最終回だけど、ぜんぶ決着はつかないよね。三期に続くのか?
いずれにしても、楽しみ!!




テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

戦国戦国BASARA弐 第十話 『復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!』

伊達と長曾我部の連合軍となって大阪を目指していた政宗だったが、松永の脅迫状で、自軍を長曾我部に預け単身小十郎の救出に向かおうとする。

が、長曾我部が加勢を申し出、戦略的に納得した政宗はそれを受け入れる。

このふたり、なんか馬が合うようです。



一方、薩摩にいる幸村は、武蔵とともに、伏兵戦術で豊臣軍を迎え打っていたが、大軍のうえにその後ろからはさらに毛利軍が! 富嶽は日輪と名をかえて幸村たちの前に姿を現す。

「やはり来よったか、毛利どん」

幸村は戦いの中で、敵もまた自分たちと同じひとであるということを、お館さまの言葉がよみがえる。
迷い苦しむ幸村だが、なんとか敵を打ち倒し。

そこにさらに水軍が迫る。

おもむろに立ち上がる島津。焼酎をあおりながら、強い!

島津の戦い振りに感銘をうける幸村。



政宗と長曾我部が軍を引き連れて松永に呼び出された場所へ出向いてみれば、

そこら一帯が爆弾マニアお得意の地雷原だった!

次々とふっとぶ人馬、政宗と長曾我部のふたりだけが松永の目前に迫る。

馬、飛びすぎ(笑)

「小十郎はどこだ……っ」

が、さらに爆弾が破裂してふたりそろって仲良く谷底へ――。



さて、毛利は戦う自軍を捨て駒にして、側近をつれ戦線を離脱する。
豊臣の九州北端からの別働隊がまもなく戦場に合流して、島津ごと毛利軍も屠るつもりだと読んでいたからだった。


一方の秀吉は、小田原に向かうと半兵衛に告げる。一気に関東を平定すると。



なんとか豊臣、毛利軍をしのいだ幸村たち。
休戦のひとときに島津の説かれて、迷いが吹っ切れていく幸村だった。
島津から軍をもらって、毛利を追うことにする。


半兵衛の身体を気遣いながら小田原へ向かった秀吉を見送った半兵衛はまた血を吐く。



「最近のは爆発しないのか……」

かすがちゃん、かわいい!

いちゃいちゃしている(違う)とき、佐助とかすがは豊臣のお庭番が風魔に倒されたのを目撃する。

松永は豊臣と組んでいるはずなのに、なにやら不穏な気配が……。


ようやく谷底から這い登ってきた政宗と長曾我部は、大阪城から豊臣の本隊が小田原に向かうのを目撃し、追撃することを決意するのだった。



―――て、あれっ? 政宗、小十郎はどうすんの!?

早く姫を助けてください!!



テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

戦国戦国BASARA弐 第九話 『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』

「悪いが、ちょいと訳ありでね」

「気に入ったぜ」


尾張の国の山中で、期せずして遭遇した2組の族――伊達軍と長曾我部軍、頭(ヘッド)どうしのタイマン勝負となる。

互いの正体に気づかないまま、激突する。
相手チームのアニキコールに触発され、伊達軍の家臣たちも筆頭コールを始める。


さて、囚われの姫小十郎は、死んだと思っていた松永が、自分の監禁されている座敷に現れたのを見て仰天する。


「――なに冥界にはたいした宝がなかったものでね」


豊臣に組して伊達討伐をすることになったと明かす松永は、臆面もなく小十郎をその餌にするつもりだと告げる。

相変わらずマニアックなコレクター振りを発揮、政宗の六爪のうちの一本が折れてしまったことを残念がりながらも、

「だが宝というもは奥深い。その愛で方も十人十色。……いささか元の形をとどめなくなってこそ、至高の一品とする向きもある」

松永は半死半生の小十郎をその至高の一品に例え、政宗が欲しがるかもしれないと、言葉でなぶる。

小十郎は隙を見て松永の刀を奪い切りかかるが、サイボーグ風魔小太郎に阻まれる。


「豊臣の軍師から禁じられていことは卿を殺すこと。殺しさえしなければ卿をどうしようとかまわないということだ。いや、愉快愉快」

な、ナニするつもりだ松永……(どきどき)。



さて、容易に勝負はつきそうにないタイマン勝負、互いにようやく相手の正体に気づいて刀を引くと意気投合する。

楽しいなこのひとたち。



一方、毛利は破壊した富嶽の残骸をかき集め、「日輪」と名を変えて再建を進めさせいた。



九州では、幸村が武蔵とたわむれ中。ふたりとも暑苦しいので割愛(笑)

「敵襲、敵襲にござるっ!」そこへ豊臣軍がっ!?

「いよいよ来んしゃったか」と、島津。



相乗りして大阪へと向かう、伊達、長曾我部の連合軍。

「大阪は目と鼻の先だ。派手にリベンジといくぜ!」

毛利を好敵手だと思っていた長曾我部の言葉に、政宗は幸村のことを思い出し……。



豊臣軍を迎え撃つ準備をしている幸村たちは、その後ろから迫る毛利軍の存在を、まだ知らない――。


思い通りに各軍を動かし着々と天下を狙う半兵衛と秀吉だが、ひとつだけ心配なのは半兵衛の健康状態か。

「時間だ……時間だけが僕を駆り立てる……」



秀吉のことで頭がいっぱいな慶次のところへ、かすがちゃんが謙信さまの伝言をもってくる。

中立をつらぬくことに対する応援メッセージだった。

そして前田利家が出陣したと。しかし謙信に戦をする気はなく、武田に小田原を奪還の機を与えるための牽制だと冷静な分析だった。




さて、若狭と山科の2ルートで大阪城に攻め入るつもりの伊達、長曾我部の連合軍、どっちが囮の若狭ルートを行くがで揉めているところに、風魔の投げ文が!


「っ! 松永久秀だと……!?」


お手紙には小十郎の義のバッチが同封されておりました。


きっと汚い手を使ってくるだろう松永、政宗の選択は?
そして囚われの姫、小十郎の運命はいかに!?


テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

戦国BASARA弐 第八話 『友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!』

大阪城にやってきた慶次、てっきり秀吉に門前払いされるかと思いきや、ちゃんと目通りが許されておりました。
昔のよしみなのか、前田が中立となって戦線からは離脱することを、秀吉は仕方なく認めてやります。

慶次と秀吉は若造のころに松永にちょっかいを出してぼこぼこにされたことがあったんですね。
「こいつ……やべえ」
土下座で許しを請う慶次。

立て続けに本願寺の僧兵にも襲われ(慶次たち以前に何かやらかしたようです)、いきなり秀吉、力に目覚める。
そのときの経験が元になって、秀吉は力を持つことが絶対と信じて、執着しているようです。


半兵衛、血を吐いてました……やっぱり死亡フラグ?


島津のところに幸村は、相変わらず暑苦しく葛藤しておりますが、ゴメン、とりあえず省略(笑)



さて、秀吉と半兵衛は、いろいろコレクターのオジサン、松永久秀をまずは名刀で買収して、大阪にのぼってくる伊達軍を迎え撃つように仕向ける。

秀吉はいつも素手で戦うからね。

かつて秀吉に出会っている松永だが、とぼけているのか、わかっていて気づかない振りをしているのか。


伊達軍、ようやく尾張の国までたどりつきました。

ところが、夜陰に乗じて正体不明の軍団に取り囲まれ……

「山賊ですぜ、筆頭!」

「へっ、いい度胸じゃないか。おれたちから何を追い剥げるか、お手並み拝見といこうぜ」


「悪いな兄さんたち。ちょいとその馬、おれたちに貸してもらおうか!」

そういうのを一般的に追い剥ぎといいます。今風だと強盗。

てか、アニキーっ!?
生きてたのか、長曾我部!! なんで尾張の地で海賊が山賊に!?

来週が楽しみ。。。



テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。