スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国戦国BASARA弐 第十二話 『蒼紅決死戦! 激闘の果てに吹く風の音よ!!』(最終回)

日ノ本各地での激闘を散りばめた第十二話、最終回にふさわしい派手派手しさで楽しめました。

個人的な見所は、小十郎 vs 半兵衛、それからもちろん、政宗 vs 秀吉。

ついでに、幸村 vs 要塞「日輪」。あえて毛利元就とは言わない。
だって、あれはどうみても、幸村は要塞と戦ってました。
結局、幸村は二本の槍であの巨大要塞を止めたわけで、直接的な動機が要塞の先にある村を守るためというのが、幸村らしくてよかった。



お待ちかねの小十郎 vs 半兵衛(わくわく)、半兵衛が率いていた兵たちを、小十郎はほとんど剣も抜かずに怒涛の勢いで蹴り倒し、頭突きし、殴り、なぎ倒す。

マジ切れの様相を、半兵衛はうっとり…あ然として見ている。

ここに来て初めて半兵衛は、伊達の普段は冷静な軍師の中身が、実はむちゃくちゃ熱苦しいヤツだということに気づいたらしい。つまりは本質的によく似た主従なのだ。

1対1の対決、ここまで本当に長かった。今クール小十郎はずっと囚われの身で、このまま活躍できなかったらどうしようと不安に思ってたが、なんとか見せ場があってよかった。

半兵衛が意外に強いのもイイ。
あの小十郎とほぼ互角、病気じゃなかったら小十郎でも苦戦したのではないかと思う。
が、お約束どおり、半兵衛は戦いの途中で血を吐き、それでも小十郎に「きみに捧げる命はない」という強気発言に萌えた。
最期までSキャラを通して、追い詰められた崖から顔色ひとつ変えずに海へと墜落していく……。

イイキャラだった。中のひとが石田さんなので、当然のように期待してたけど、期待通りでした。
最近この手のキャラは石田さんに定着なのか。小難しいキャラなら石田さんというイメージです。


で、小田原城で待ち受けていた筆頭と巨大ロボ秀吉の対決。
やっぱり秀吉が、巨大化してる! まわりの誰かつっこめよ(笑)
圧倒的に強くて、筆頭がぼこぼこにされるのはいつものパターン。
小田原城が崩壊。
ところが政宗は瓦礫の中からしつこく立ち上がってきて……。

正直、もう死んでるんじゃないかと危惧しましたが(実はもう死んでるのに、強固な意志の力だけで身体が動いてるみたいな)、六爪がぼろぼろになってなくなっても、最後に残ったのは小十郎の愛刀だった。
クライマックスの反撃、ついに秀吉を倒してしまう。

倒れた秀吉は懐から例のお守り袋(ねねの形見?)を取り出す。
夢吉が慶次から盗んで、秀吉に届けていたらしい。
秀吉、これは慶次が持っているべきだとつぶやくと、お守り袋は瞬間移動して再び慶次の手に。(って、どうやったんだ!)

途中、秀吉、半兵衛、慶次の三人が丘の上でのんびり語り合うシーンを見て、慶次まで死んでるのかと焦りましたが、生きてました。まぎらわしいっ。

結局、慶次はなんだったんでしょうね? 本人はやれるだけのことをやったから、納得してたみたいですが。
よくわからない風来坊キャラを通した模様。


で、かなり端折りますが、秀吉がいなくなって、また天下統一ゲームが振り出しに戻ったというところで、大団円(?)。ゲーム的には大団円だよね。またプレイできるから。

そういえば、家康が復活してましたね。参に続くのか、あ、その前に映画か!

「パーリィは終わらねえ!!」


2011年、完全新作とやらを楽しみに待ちたいと思います。








スポンサーサイト

テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。