スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夏雪ランデブー」第3話

私を抱える骨ばった大きな手……。

風邪で寝込んでいる六花は夢現に若い頃のことを思い出している。
出逢って間もなくのこと。島尾とのデートで盛り上がって飲みすぎた六花は、彼のアパートへ。翌朝気づけば六花は島尾のベッドに寝かされていたが、本人は玄関で寝ているという。
少し間抜けで律儀な彼のことが六花はますます好きになる――。

店では相変わらず、言い合いながら葉月と島尾の幽霊がにらみ合っていた。
それでも慣れてきたのか、葉月はしつこくつきまとう島尾を適当にあしらっている。
地団駄を踏みたくてもできない島尾に、
「七つの玉でも探してくれば?」(ドラゴンボールのことか)

目を覚ました六花は義姉から葉月が看病してくれたことを聞かされるが、先日のこともあって葉月の顔をまともに見ることができない。
それでも葉月に頬を触れられると、骨ばった男の手を思いだし唐突にすがってしまう。
葉月も悪い気はしない。

六花って結構大胆、というか唐突なアプローチするひとだな(無意識かもしれないけど)。

複雑な表情でふたりを見つめる島尾さん(幽霊)。抱き合うふたりを嫉妬するあまり、局地的な地震(ポルターガイスト?)を起こして置時計で葉月のこめかみを傷つける。

店で仕事をしている葉月に身体を貸せと言い募る島尾は、無視されると癇癪を起こしたみたいにまた店を揺らし……。島尾さん、かなり切羽詰っている。

閉店後、ミホさんに誘われてうなぎ屋で夕食を取りながら、葉月は生前の島尾と六花の楽しそうにしている写メを見せられ心がざわめく。
「俺はこの先、店長にあんな顔をさせられるのかな?」

翌日、遊園地のタダ券を手に、葉月は六花をデートに誘う。
なんだったミホさんも一緒にと提案するが、それが六花と生前の島尾との思い出の遊園地だとわかると、ボロボロと涙をこぼす。
葉月と島尾の幽霊は、なすすべもなくそんな六花を見つめるのだった。


前途多難な葉月だね。六花は明らかに葉月に心揺らいでるけど、島尾のことも忘れることはできない。
葉月にはそれがわかるし、島尾さんの幽霊とやりあってるので、今でも島尾が六花に深い思いを残していることを知っている。
でも、六花に実際に手で触れることができるのは島尾でなく自分なのだ。
頑張れ、葉月!


スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。