スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国BASARA弐 第五話 『誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!』

政宗、六爪のうちの一振りを失い、どうしても見つからなかったと恐縮する家臣たちに
「ノープロブレム」
屋敷に戻ってひとり、小十郎の部屋へと向かう。
脳裏に浮かぶのは奥州を平定した人取橋での戦いの後のこと――

勝利したものの手傷を負った政宗に向かって、腹を切ってお詫びするとした小十郎を、負傷した利き手で殴りつける。
政宗がもし右手を失ったのなら、自分の右手にもなれ! と。

これで切腹を思いとどまる小十郎だったが、真意は実は別のところにもあった。

身内にも多大な犠牲を出した戦いで、たとえ勝利したとしても、命を落としたものに対する喪失感を、自分がいなくなることで自覚して欲しいという、小十郎の自分より年少の政宗に対する思慮深さゆえの行動だったのだ。


いやあ、もう、小十郎は政宗のことを本当に大切に思ってるんですねえ。。。
この手の主従は萌えツボをぐいぐい押される感じです。


小十郎の自室に保管されていた彼の愛刀、黒龍を手にし、政宗は欠けた一振りのかわりに自分の刀の鞘におさめる――。

政宗が軍勢をテンション高く引きつれ、人取橋の前に差し掛かると、なんと謙信の軍が行く手を阻むように布陣していた。

だんまりを決め込んだまま謙信は姿を見せず、動こうとしない上杉軍に、政宗は謙信の意図を探るかのように静かに足をとめる。



一方、大阪城でとらわれの身となっている小十郎は、政宗が軍師の自分がいなくても囲み打ちに屈さなかったと半兵衛に聞かされ、「当たり前だ、政宗さまを舐めるんじゃねえ」と動じない。

しかし、その後に秀吉がじきじきに戦いに赴いたと告げられ、無残に折れた、六爪のうちの一振りを見せられる。

これまで仕えた相手は、もういないと――。

思わず眼を見張り、息を呑む小十郎……。


姑息だぞっ、半兵衛!(秀吉にも言われてましたが)


さあ、どうする小十郎!?
……てかさ、折れた刀とはいえ、目の前に置いたまま虜囚をひとりにしてだいじょうぶなのか?
政宗の形見(と小十郎が思っている)の刀で自害なんてのも予想できそうなものなのだが。。。



ピクニック――ではなく、静かに対峙したままの伊達軍と上杉軍だったが、ようやく謙信が現れて、かすがが豊臣軍と慶次の動向を告げる。

「私の美しき剣……」

謙信さまにねぎらわれてピンクのオーラが立ち上るのが、対岸の伊達軍にもはっきり見えた。



その頃、大阪城にたどりついた慶次、四国に向かう豊臣軍を、秀吉を説得しよう止めに入るが、

「住む世界が違うということさ」

半兵衛に阻まれ相手にされない。



遠征の途中の幸村、戦いに苦しめられる人々に思いをはせ心を痛めて、豊臣の軍勢を目の当たりにしてお館さまに言いつけられた使命を思い出し――。



やがて兵を引く上杉軍。伊達軍の足止めをしていた謙信の意図とは、政宗の気持ちを冷静にさせて、傷を癒させることだった。

どうしてそこまで……? と問うかすがに、政宗を好敵手と認めているのだと謙信は吐露する。



そして、瀬戸内ではついに海戦の口火が切って落とされた!

いよいよ舞台は四国へ……。

つづく


毛利って、なんか喰えなくて暗い感じの男だよね。

テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA弐 第5話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」

「お前には敵わねぇ、そういうこったな」 小十郎との過去を思い出す筆頭…! そして、ついに秀吉の軍勢が出陣、瀬戸内でも戦いが始まったー! ...

『戦国BASARA弐』#5「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」

「伊達軍は、もう誰一人欠けさせねぇ」 梵天成天翔独眼竜 まだ闘いの傷が癒えないうちに、出陣の用意をはじめた伊達勢。 しかし、政宗の六...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。