スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒執事II 第7話「殺執事」

さすがは深夜枠アニメの面目躍如といったところか。
エロと血、残虐表現まみれになっております。日曜の夕方5時では放送できないでしょう。

互いに殺しあうことに決めたらしいシエルとアロイス各主従、悪魔な執事たちの筋書き通りに、シエルの元にはアロイス側から再度舞踏会の招待状が届き、巨大なチェス盤の決闘場でセバとクロの戦いとなります。

「ファ、ファ、ファ、ファンタスティックっっっ!!」

なぜかそこに能天気に現れるドルイット子爵、どうやら仮装舞踏会の日程を一週間遅く勘違いしていた模様。
クロに思いっきり邪魔にされているのに、ぜんぜん気にせずちゃっかり見物を決め込む。
それにしてもその被り物は何なんだ!? オマールエビ?

相変わらず空気の読めないドルイット子爵は、ハンナに目を奪われ、美しさをほめたたえるのに「美しき悪魔」と――。

ぴくりと反応する三つ子、悪魔と言う部分がポイントなのか?

邪魔だが実害はないドルイットを座らせて、まずクロは手下たちをセバへと放つ。

例のよくわからない三人の連携攻撃だが、しょせんセバの敵ではなく、三つ子はなんと額を串刺しされ、メザシのように槍に一列に並んでつるされる(ひえーーーっ!!)。

が、不思議なことに一滴の血も出ない。
人間ではもちろんないだろうが、もしかしたら彼らの正体はお人形か何かなのか?


次はハンナの出番。いきなりの先制攻撃で、セバの左袖が切られてしまう。

「ああ…、これは繕わなくてはなりませんね」

「必要ありません。穴だらけになりますので」

お、ハンナがしゃべった!

セバ、飛び道具で攻撃されるも、涼しい顔で上着を脱いで切られた袖を手早く繕い、弾をよけながら袖を通して、

「撃たれた弾丸と同じ数だけ、お返しいたします」

シルバーを放ったセバに、ハンナ床へ大の字に貼りつけにされる。

うわ~エロい。地区Bが見えそう。。。

「むふっ」とセバほくそ笑んで、トドメに更なるシルバーを取り出す。

ハンナ動けず絶体絶命!

と、そのとき、クロが蹴飛ばした巨大チェス駒がセバが投げたシルバーの群れを阻み、ハンナ助けられる。

「そこまで。お茶の時間だ」

決闘は一時中断して、セバとクロはおやつを作り始める。
なんか、この予定調和的な執事たちが笑える。

三つ子たち、串刺しのまま何ごともなかったように働いております。痛くないのか?

クロ、卵を泡立てながら、シエルの魂について考えていると、脇からクリームが顔に飛んできて――

セバとクロの卵とクリームの投げ合いが始まる。

「許しませんよ。坊ちゃんの魂には触れることも、……舐めることも!」

いつの間にか、セバ、クロの傍らにはお菓子の彫像が。。。

しっかしおやつはおいしそうだな。個人的にはチェリーが好物だ。

ドルイット子爵、うるさいから。

「では、再開を……」
「Shall we dance?]

クロード、ハンナの口の中に手をつっこみ、彼女の身体から魔剣レイバテインを取り出す。

かなり本気モードになってきた!

「では、死の舞踏(Danse Macabre)を」


一方、坊ちゃん、アロイスを屋敷の中へと誘うのを横目に見てセバス、


「おやおや、踊りは執事にまかせて退席とは、感心しませんね、坊ちゃん」

「貴殿、あの人間の魂に入れ込むあまり、悪魔の勘が鈍ったのではないか?」

はっとするセバ、気づけば周囲にクロの鋭い切れ味の糸がめぐらせてあった。

身じろいだだけで、セバの頬が切れて血が流れる。

「おや、……いつの間に」


坊ちゃん屋敷の広間で手袋を投げ、アロイスと剣と剣による決闘を申し込む。

十歩目で振り返るはずが、坊ちゃんは五歩目、アロイスはその前に振り返っていた!

やり方も知らないと言ったくせに、意外に強いぞ、アロイス。
坊ちゃん、アロイスに組み伏せられてあわやというとき――、

主人たちの決闘に気づいた執事たちが駆けつけるが、素手でアロイスの切っ先を受け止めたシエル、次の瞬間アロイスから剣を奪って、その脇腹に突き立てた!

「助けてぇ、クロード……っ!」

「イエス、ユアハイネ…――」

「来るなっ、セバスチャン! 僕がこいつを殺すまでは……っ」

目を見張るクロード。坊ちゃんに魅入られたか。

「――かしこまりました」と、セバ。(さすがは私の坊ちゃん)

「死ね、アロイス・トランシー」

「きみは何もわかっていない。隣の悪魔にだまされてるだけっ!」

泣きながら坊ちゃんにすがって命乞いをするアロイス。

しかし坊ちゃん、鼻で笑って剣を振り上げるが、さすがに見過ごしにできなかったらしいクロードに阻まれる。

抵抗するシエルの血まみれの手で頬を打たれ、ついた血を舐め取るクロ、何かに衝撃を受けたように固まる。

その表情は――恍惚……?

セバに抱きかかえられた坊ちゃん、なおも抵抗するが。

「申し訳ありませんが、今日のところはこれで失礼します。……クロードさん?」


もはやクロードには、主人であるアロイスの姿も目に入らない。

「――この邂逅を……歓喜に……!」

鼻水までたらしながら必死に助けを求めるアロイスを、クロードはまるで石ころでも見るような目つきで……。

ついに血を吐いて倒れ伏すアロイス――。


アロイスざまぁ……じゃなくて、ちょっと、クロ、いくらなんでもどうよそれ?



次回、アロイスの過去が明らかに――!?

小野D、その吐息はヤバイって。。。


テーマ : 黒執事II
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒執事II 第07話「殺執事」

悪魔が用意した筋書き通りに・・・

黒執事II 第7話「殺執事」

「トランシー家との 殺し合いを」 死の舞踏―― 再びセバスとクロードのバトル、そしてシエルvsアロイス!!    今回も色々と凄い展開にな...

『黒執事II』#7「殺執事」

「許しませんよ。 坊ちゃんの魂に触れることも、なめることも」 アロイス・トランシーこそがシエルの両親を殺した張本人!? 突如、セバス...

(アニメ感想) 黒執事2 第7話 「殺執事(ころしつじ)」

黒執事 II I 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 今日も早くエロイスきゅんに会いたいです・・・。 *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れ?...

黒執事? 第7話 「殺執事」

セバスチャンはトランシー開催の死の舞踏会の”殺し合い”に赴く。あくまで執事として… 小野D「あぁ~これは失礼。貴方の坊ちゃんを御覧に...

黒執事? 第7話「殺執事」

「蜘蛛執事」

黒執事?第7話『殺執事』の感想レビュー

ファントムハイヴ家とトランシー家の過去と確執が明らかに! シエル自身がトランシー家への復讐に燃える中、遂にダンスマカーブルの火蓋が切って落とされるお話でした。 バトル中のアクションの派手さと、その中でも余裕を失わない優雅さが本作らしい見所になっていました...

黒執事II 第7話 殺執事 レビュー キャプ

クリックで別ウインドウ原寸大表示 ある日…シエルの元に再びトランシー家から舞踏会の招待状 がやってきた。舞踏会じゃなくて、武闘会だよね?と 突っ込みたくなるが、またまたお誘い。 もちろん、その誘いにのり、トランシー家に赴くシエル。 ああ、もうすでにセバスの...

黒執事II 「殺執事」あれこれ。。

やっぱり昨日感想書いたら 大幅に字数オーバーで(^^;でも 分割するにはどうか??って 内容だったので 頑張って編集してたら ほぼ今朝5時。。いい歳して ほんと何やって...

黒執事II 第7話「殺執事」

アロイスこそがシエルの両親の仇!? 情報の裏付けをとったシエルは、トランシー家との殺し合いに向かう。 そこでは死合うための舞台が用意...

黒執事II 第七話『殺執事』

処分するファントムハイヴ家、消し去るトランシー家… 女王の番犬としての地位を唯一のものとすべく 人体発火事件にかこつけたトランシーがファントムハイヴ家を滅ぼした? …確かに筋は通ってるw 黒執事 II 【通常版】 [DVD]出版社/メーカー: アニプレックスメディア: D…

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。