スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国BASARA弐 第七話 『最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!』

武田の屋敷に戻った佐助がお館さまに、小山田の最期を報告する。
幸村に武将の何たるかを示した――と。

うわ、本当にアレで古谷さん退場か。。。なんかもったいない。

自責の念にかられてボロボロの幸村の様子を見た佐助は、自分も薩摩へと向かいたいと申し出るが、幸村の正念場だと言ってお館さまは却下、武田軍の命運にもかかわると進言する佐助に、一蓮托生だと言い放つ。

「幸村よ強くなれ。道を見失うでない」

お館さまの幸村に対する信頼というか、主従の愛情というか、よく出来た上司というか。
とにかくイイ。

それにしても佐助は専用ヘリでも持ってるのか? いつも長距離を行ったり来たりすごいよな。

豊臣軍は武田の里を包囲して見張っているだけで、不気味な沈黙を保っている。

そこへ大阪に向かう途中の政宗たちが武田の近くを通りがかると、突如豊臣軍はさしものを武田のものにして、武田軍へのなりすましを謀る。

一方、囚われの…小十郎は、政宗が生きていると固く信じていて、政宗の身を案じていた。

「くれぐれも決して逸られませぬよう、切に」

武田軍に偽装した豊臣軍に突っ込んでいく政宗――ふと小十郎の愛刀に眼を留め。
専用ヘリ(笑)で駆けつけた佐助。

「独眼竜! こいつらはうちの軍じゃない。豊臣の罠だ!」

「……だよな」

冷静につぶやいた政宗(お、クールだ)、その先で仁王立ちに待ち受けるお館さまの姿を認めると、刀を抜いて一直線に切りかかる。

え? ちょ…、だから罠だって言ってるのに――

両者激突!


さてボロボロ幸村、ようやく九州に到着、薩摩へと近づく。

その胸中にこだまするのは、松永久秀の、今では辛辣に的を得ていると思える言葉だった。

「因果応報とはよく言ったものだ。……乱世、天下、上洛。卿もまたそれらを免罪符とする殺戮遂行者のひとりに過ぎない」

感情では納得できない幸村だが、武将として、佐助に厳しく諌められて猛反省中。

――お館さま……!


と、正体不明の一団に行く手を阻まれたかと思えば、いっせいに逃げ出す。
思わず追いかけた幸村だが……。

わかりやすい作戦に引っかかるなあ。。。幸村ならではだが、出てきたガキに手を焼いてしまう。


ちょっと待て。これが宮本武蔵だってぇーーー!?(個人的にイメージ崩壊中)

で、やっとのことで薩摩の統領のところへと案内してもらう。
南国~な里。

「じっちゃんお客さんだぜー! イカの国から来たんだってさ」

「い、イカではござらぬ。カイにござる!」

べ、ベタな。。。


じっちゃん、なんか豪快な島津義弘さんでした。

「なんと! 生きておられたのでござるか」




一方、小十郎。半兵衛に返事を迫らるが、もちろん聞き入れられるはずもない。

「てめえらの統べる世界なんぞに興味はねえ」

半兵衛がバカな男ではないことがわかっている小十郎には腑に落ちない。

「てめえ、何を焦っていやがる」

「きみもきっと、秀吉に心酔するよ。彼の……圧倒的な強さにね」

やっぱり、半兵衛には時間がないようです。


さて、政宗とお館さま、激突かと思われたのはただの挨拶だったらしい。

休戦して豊臣の意図を審議中。。。

そして、上杉も巻き込んでの共闘を申し出るお館さまだが、政宗にはまず取り戻さないといけないものが――。

小十郎がいれば、武田の申し出を受けるかもしれないと言うお館さまに、

「あいにく小十郎はここにはいねえ。だから行くんだ」



「おっさん、おれがもしぶっ倒れたら――ふん、柄じゃねえな。真田幸村によろしく伝えてくれ」

伊達の一軍だけで大阪へ向かう政宗だった。

大阪城の半兵衛はその裏の裏まで読んでいた。
なにやら新兵器も用意しているらしい。
だが、政宗の動きはさすがの半兵衛にも不確定要素が多すぎるようだ。

しかしこれで方針が決まったと秀吉に告げる半兵衛。

「いよいよ天下は豊臣のものとなる」

そこへ目通りを願って慶次がやってくる――。


あ、忘れてたわ。このひとのこと。


とりあえず政宗が大阪城にたどり着かないとな。話はそれからだ。



松永久秀の次回予告。

「なにやら天下が騒がしい。次回とは何のことだね。誰にも等しく変わらぬ明日がやってくるとは限らないのだがね。ふっ…卿はなかなか興味深い」

藤原さん、……好きだ。



テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA弐~第7話 感想「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い」

戦国BASARA弐ですが、豊臣の謀略により伊達政宗と武田信玄が戦います。両雄の激突に土煙が竜巻のように上がります。真田幸村は薩摩に入りますが、二刀流の宮本武蔵と対戦することになります。幸村が丁寧に話しているのに武蔵は無礼な言葉遣いです。(以下に続きます)

『戦国BASARA弐』#7「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」

「伊達軍は、このまま大坂へ駆け上るぜ」 昇らぬ竜なら、はなから死しておるのも同然、か。 幸村の行動によって、小山田が亡くなってしま...

戦国BASARA弐 第7話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い」

甲斐を包囲した豊臣軍。 西進する伊達軍が近づくと武田軍になりすまし襲い掛かる。 これも半兵衛の策略でしょうか…。 ▼ 戦国BASARA弐 第...

戦国BASARA弐 第7話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」

「俺には先ず 取り戻さなきゃならねぇものと つけなきゃならねぇ落とし前がある」 伊達軍はこのまま一気に大阪へ…!! 今回からエンディング...

戦国BASARA 弐 第07話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い」

「オレ様、最強!」

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。