スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国戦国BASARA弐 第九話 『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』

「悪いが、ちょいと訳ありでね」

「気に入ったぜ」


尾張の国の山中で、期せずして遭遇した2組の族――伊達軍と長曾我部軍、頭(ヘッド)どうしのタイマン勝負となる。

互いの正体に気づかないまま、激突する。
相手チームのアニキコールに触発され、伊達軍の家臣たちも筆頭コールを始める。


さて、囚われの姫小十郎は、死んだと思っていた松永が、自分の監禁されている座敷に現れたのを見て仰天する。


「――なに冥界にはたいした宝がなかったものでね」


豊臣に組して伊達討伐をすることになったと明かす松永は、臆面もなく小十郎をその餌にするつもりだと告げる。

相変わらずマニアックなコレクター振りを発揮、政宗の六爪のうちの一本が折れてしまったことを残念がりながらも、

「だが宝というもは奥深い。その愛で方も十人十色。……いささか元の形をとどめなくなってこそ、至高の一品とする向きもある」

松永は半死半生の小十郎をその至高の一品に例え、政宗が欲しがるかもしれないと、言葉でなぶる。

小十郎は隙を見て松永の刀を奪い切りかかるが、サイボーグ風魔小太郎に阻まれる。


「豊臣の軍師から禁じられていことは卿を殺すこと。殺しさえしなければ卿をどうしようとかまわないということだ。いや、愉快愉快」

な、ナニするつもりだ松永……(どきどき)。



さて、容易に勝負はつきそうにないタイマン勝負、互いにようやく相手の正体に気づいて刀を引くと意気投合する。

楽しいなこのひとたち。



一方、毛利は破壊した富嶽の残骸をかき集め、「日輪」と名を変えて再建を進めさせいた。



九州では、幸村が武蔵とたわむれ中。ふたりとも暑苦しいので割愛(笑)

「敵襲、敵襲にござるっ!」そこへ豊臣軍がっ!?

「いよいよ来んしゃったか」と、島津。



相乗りして大阪へと向かう、伊達、長曾我部の連合軍。

「大阪は目と鼻の先だ。派手にリベンジといくぜ!」

毛利を好敵手だと思っていた長曾我部の言葉に、政宗は幸村のことを思い出し……。



豊臣軍を迎え撃つ準備をしている幸村たちは、その後ろから迫る毛利軍の存在を、まだ知らない――。


思い通りに各軍を動かし着々と天下を狙う半兵衛と秀吉だが、ひとつだけ心配なのは半兵衛の健康状態か。

「時間だ……時間だけが僕を駆り立てる……」



秀吉のことで頭がいっぱいな慶次のところへ、かすがちゃんが謙信さまの伝言をもってくる。

中立をつらぬくことに対する応援メッセージだった。

そして前田利家が出陣したと。しかし謙信に戦をする気はなく、武田に小田原を奪還の機を与えるための牽制だと冷静な分析だった。




さて、若狭と山科の2ルートで大阪城に攻め入るつもりの伊達、長曾我部の連合軍、どっちが囮の若狭ルートを行くがで揉めているところに、風魔の投げ文が!


「っ! 松永久秀だと……!?」


お手紙には小十郎の義のバッチが同封されておりました。


きっと汚い手を使ってくるだろう松永、政宗の選択は?
そして囚われの姫、小十郎の運命はいかに!?


テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA 弐 第09話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」

ワクワクした政宗と長曾我部の一騎打ち

『戦国BASARA弐』#9「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」

「そのクレイジーな獲物ともども、気に入ったぜ!!」 大坂に向かう伊達軍の前に現れた山賊は、長宗我部元親だった!! 山賊ではなく、海...

戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」

「思いっきり山の中に現れておきながら 海賊を名乗りやがるあたりジョークのセンスもまずまずだ  そのクレイジーな得物共々 気に入ったぜ!」...

戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」

思いがけないパーリィだ――!  いきなり筆頭と兄貴のガチ対決! 手下たちもノリがいいのでお互いコール合戦です(笑) 伊達と長曾我部も...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。