スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国戦国BASARA弐 第十話 『復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!』

伊達と長曾我部の連合軍となって大阪を目指していた政宗だったが、松永の脅迫状で、自軍を長曾我部に預け単身小十郎の救出に向かおうとする。

が、長曾我部が加勢を申し出、戦略的に納得した政宗はそれを受け入れる。

このふたり、なんか馬が合うようです。



一方、薩摩にいる幸村は、武蔵とともに、伏兵戦術で豊臣軍を迎え打っていたが、大軍のうえにその後ろからはさらに毛利軍が! 富嶽は日輪と名をかえて幸村たちの前に姿を現す。

「やはり来よったか、毛利どん」

幸村は戦いの中で、敵もまた自分たちと同じひとであるということを、お館さまの言葉がよみがえる。
迷い苦しむ幸村だが、なんとか敵を打ち倒し。

そこにさらに水軍が迫る。

おもむろに立ち上がる島津。焼酎をあおりながら、強い!

島津の戦い振りに感銘をうける幸村。



政宗と長曾我部が軍を引き連れて松永に呼び出された場所へ出向いてみれば、

そこら一帯が爆弾マニアお得意の地雷原だった!

次々とふっとぶ人馬、政宗と長曾我部のふたりだけが松永の目前に迫る。

馬、飛びすぎ(笑)

「小十郎はどこだ……っ」

が、さらに爆弾が破裂してふたりそろって仲良く谷底へ――。



さて、毛利は戦う自軍を捨て駒にして、側近をつれ戦線を離脱する。
豊臣の九州北端からの別働隊がまもなく戦場に合流して、島津ごと毛利軍も屠るつもりだと読んでいたからだった。


一方の秀吉は、小田原に向かうと半兵衛に告げる。一気に関東を平定すると。



なんとか豊臣、毛利軍をしのいだ幸村たち。
休戦のひとときに島津の説かれて、迷いが吹っ切れていく幸村だった。
島津から軍をもらって、毛利を追うことにする。


半兵衛の身体を気遣いながら小田原へ向かった秀吉を見送った半兵衛はまた血を吐く。



「最近のは爆発しないのか……」

かすがちゃん、かわいい!

いちゃいちゃしている(違う)とき、佐助とかすがは豊臣のお庭番が風魔に倒されたのを目撃する。

松永は豊臣と組んでいるはずなのに、なにやら不穏な気配が……。


ようやく谷底から這い登ってきた政宗と長曾我部は、大阪城から豊臣の本隊が小田原に向かうのを目撃し、追撃することを決意するのだった。



―――て、あれっ? 政宗、小十郎はどうすんの!?

早く姫を助けてください!!



テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA弐 第10話「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」

「どうだい ここは一つ  この長曾我部元親の加勢を受けちゃ」 松永のもとへ向かう筆頭にアニキも加勢! そして、薩摩ではついに幸村が復活!? ...

戦国BASARA弐~第10話 感想「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」

戦国BASARA弐ですが、伊達政宗&長曾我部元親の連合軍は敵が松永久秀だと分かると「確か死んだんじゃ?」と不思議に思います。毛利元就な日輪の兵隊たちを惜しみなく投入しますが、島津義弘の示現流も炸裂します。真田幸村は兵たち一人一人の生活を思い、戦国や戦うことに...

『戦国BASARA弐』#10「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」

「己ば持ちんしゃい、幸村どん」 後に何をなしたいのか、日ノ本をいかようにしたいと思うておるのか 長宗我部と共闘し、大坂へ向かおうと...

戦国BASARA弐 第10話「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」

小十郎を餌に伊達を誘い出す松永久秀。 長曾我部は松永との関わりもあり、政宗と共に松永のもとへ向かう! 一方、薩摩では幸村たちが毛利軍...

戦国BASARA 弐(ツー) 第十話『復活の若き虎!改造大要塞日輪の脅威、東へ!』

久秀、どこまで広範囲(笑) まさか元親とまで因縁があろうとは! 結構コレ気になるんだけどスルーかな? 戦国BASARA弐 其の弐 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。