スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国戦国BASARA弐 第十一話 『覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!』

囚われの姫、小十郎を助けるのは政宗だと思ってたのに違ってた……。

風魔が暗躍する大阪城にどさくさに紛れて忍び込んだ佐助とかすが。
豊臣の軍略を探るためだったが、たまたま小十郎が囚われているのを発見して、助ける。

そして三人は半兵衛の描いた日ノ本平定の軍略地図を発見、その全貌を知ることになる。

――って、半兵衛、そんなトップシークレットを置きっぱなしにしちゃダメでしょ?
まさか、これも半兵衛の罠だったりして……(考えすぎ)。

壮大な軍略には、謙信を背後からつく計画も含まれていて、動揺するかすがに、
「すぐに飛んでいって知らせな」
佐助は自家用ヘリ…飛行具を手渡す。

そこへいきなり敵が現れて佐助に襲い掛り、これがめちゃめちゃ強い。さすがの佐助も防戦の一方かと思えるほど。

風魔小太郎だった。
相変わらずひとことも発せず、サイボーグみたい。中のひといないし(笑)

佐助に早く行けと促され、後ろ髪を引かれる思いでかすがは飛行具で謙信の元へと向かう。
小十郎は風魔の狙いが佐助の手にしていた刀だと気づき、佐助がそれを投げ出すと、風魔はそれを奪って何処へと姿を消すのだった。

馬で脱出した小十郎は豊臣の兵たちに追われながらも、毛利の手下たちが地下牢に閉じ込められているのを見かけると、親切にも鍵を開けて縄を垂らしてやる。

一方、小田原に向かおうとしていた政宗、長曾我部は、またもや松永と出くわすが、コレクターの松永は刀を風魔が大阪城より持ち帰った宝刀をゲットすると満足し、風魔小太郎と共に姿を消す。

結局、松永はコレクションにしか興味がなかった? 
個人的には、浮世離れしていて自分の価値観だけで突き進む感じが、いっそすがすがしくて、嫌いではないな。

そこへ駆けつける小十郎。感動の再会!!

政宗、すごくうれしいくせに、クールな表情を装うところに激しく萌えた!!!!!

長曾我部は小十郎の知らせで、囚われていた手下たちを救うため、政宗たちと別れて大阪城へと向かう。

「よく戻った」

政宗との再会を喜びあう間もなく、小十郎は政宗の背中を守るべく、半兵衛を追ってひとり西へと馬を駆る。
次回は小十郎と半兵衛の一騎打ちが見られるか!?(わくわく)


大阪へとむかう要塞、日輪の上では毛利を謀殺しようとした赤川を切り捨てる。半兵衛がはなっていたスパイだと最初から毛利は見抜いてたという。

人望がないから毛利ひとりを片付けば、全軍豊臣に寝返るだろうという半兵衛の読みは正しかったかもしれないが、毛利もその裏を読んでました。

さて、毛利ひとり謀殺して、日輪をちゃっかりいただこうと待っていた豊臣軍に、日輪の主砲「てんようの槌」
字がわかんない…(笑)

主砲、なんかすごいんですが……。砂漠で太陽熱集めて、発電用のタービン回すやつみたい。

それを、島津軍をひきつれた幸村が目撃、驚愕する。

でもこれさ、天気悪いと使えないよね。太陽が出てないとダメだし、夜間は使い物にならない。
無敵じゃないんじゃない?


ええと、慶次だけど、小田原へ進軍する秀吉をとめようと、馬で向かってくる軍をまえに両手を広げて立ちはだかり……

どこかで見た絵だと思ったら、ナウシ○か!
しかし攻撃色になった王蟲…秀吉には通用せず、空高くへと放り上げられ――これは死んだな。


と思ったら、生きてました。
ある意味、無敵な慶次。懲りない、学習しないとも言う。

秀吉、完璧スルーでした。

政宗との会話では、慶次、ちょっとかわいそうだった。


半兵衛、毛利の謀殺を仕損じたことを知ったところへ、小十郎が追いつく。
「……きみか」
ついに直接対決?(わくわく)


そして、秀吉が小田原にやってくると、政宗が待ち構えていた!



ええーー、次回最終回だけど、ぜんぶ決着はつかないよね。三期に続くのか?
いずれにしても、楽しみ!!




テーマ : 戦国BASARA2
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA 弐「第十一話 覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」/ブログのエントリ

戦国BASARA 弐「第十一話 覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。