スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.6 第2話 光をまとう街

嵐の夜から4年後。ネズミの逃亡を助けた紫苑は、特権階級の資格を剥奪されてクロノスを追われ、現在は準市民が生活するロストタウンで、清掃局職員として働いている。
そして公園では謎の老人死体が発見されるが……。

天然ボケボケのまま育ったらしい紫苑は、NO.5に留学がきまり2年間会えなくなるという幼馴染の沙布に「精子が欲しいの!」と言い寄られても、気の利いた返事ひとつできない。
まあ、沙布も……もうちょっとムード重視しよ?
そのとき、ネズミの声を発する子ネズミが現れ、紫苑は慌ててそれを追って沙布を置き去りに駆け出して……。

もう、据え膳を放りだして男を追うなんて、なんて楽しい…なんか男子として間違ってるだろっ。
その後ネズミと何かあったのかどうかは描写がない(ので妄想が膨らむ)。

一方、例の公園の死体は、31歳の男性だったことが判明。
どうみても老人だったのに……。
しかもニュースにすらなっておらず、市が情報統制をしているらしい。
それを口にする紫苑をとがめた清掃局の同僚が、目の前で倒れ、あっと言う間に老人になって死んでしまう。
その首筋からは、一匹の蜂が這い出し……。

その後治安局に逮捕された紫苑は、車で「矯正施設」へと連行されようとしていたとき、
ネズミが道路上に立ちふさがり、派手な立ち回りで紫苑を救出する。
しぶる紫苑にIDを捨てさせて、NO.6のゲートを強行突破するとゴミ処理施設へと潜入して……

ネズミ、いい感じに成長してます。紫苑より身長が高くなっていると自慢するところが、まだ子供っぽくてかわいい。

紫苑は(かなり強引に)ネズミに導かれ、下水を泳いだりしてようやく地上に這い出すと、夕日に照らされたバラックと荒涼とした土地が広がっている。
そこはNO.6の壁の向こう側だった。

ネズミが紫苑に手を差しのべて言った。

――――ようこそ、現実(リアル)へ

そして紫苑の首筋には、不気味な虫刺されのあとのようなものがあって……。

紫苑、刺されてますね、寄生バチに。
次回はタイヘンなことになりそうです。












テーマ : NO.6
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NO.6 第2話「光をまとう街」

「ようこそ リアルへ――」 ゲートの外に広がる真実 保安局に連行される紫苑を助けたネズミ、4年ぶりの再会    【第2話 あらすじ】 ネズミとの出会い、そして別れから4年後。紫苑はクロノスの居住権...

NO.6「第2話 光をまとう街」/ブログのエントリ

NO.6「第2話 光をまとう街」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。