スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.6  第8話そのわけは… 第9話災厄の舞台

2話まとめてネタバレ感想です。

第8話では、ネズミがNO.6をあれほど憎んでいる理由が判明した。

ネズミが紫苑に見せたいものとは、地下洞窟だった。そこにはNO.6を追われた人々がひっそりと暮らしていた。
そこにいる長老によって、紫苑はNO.6の秘密の一端に触れ、ネズミの生い立ちを知ることになる。

ネズミはNO.6の人間に虐殺された「森の民」の唯一の生き残りだった。

NO.6が建設されたのは、森の民たちが暮らす奇跡的に残っていた豊かな森林地帯だったが、それにはわけがあったのだ。
エリウリアスに守られた土地――森の民は「彼女」を敬い畏れることで、日々の暮らしが守られていた。

その秘密を手に入れようとしたNO.6の人間たちによって、虐殺は起こされたのだった。
エリウリアスとは、いったい何なのか?

あの、寄生バチと関係あることは確かですね。そして、あの歌との関係は……?
どうやらネズミは「歌う者」らしい。

紫苑はネズミと共に、NO.6に侵入することを決意する。力河とイヌカシも成り行きで付き合うことに。。。


で、第9話。
力河のつてでNO.6の高官を拉致して、矯正施設の詳細情報を手に入れるネズミたち。

イヌカシが売春婦のおとり役になって、災難でした。泣いちゃったイヌカシがかわいくて、かわいそう。
慰める紫苑は、イヌカシについて「あること」に気づく。
オレなんて一人称だからって、男だとは限らないわけで。。。

聖なる祝日を前に、街は華やいだお祭り気分にひたっていたが、西ブロックでは怖ろしいことが起きていた。
すなわち「人狩り」といわれる、NO.6政府による無差別の破壊と虐殺だった。

逃げ惑い、殺されていくひとびと。衝撃波のような武器で次々となぎ倒されていく。
ネズミに守られて、なんとか逃げ延びようとしていた紫苑は、赤ん坊を拾いイヌカシの犬に託す。
そんなことをしているうちに装甲車に包囲されてしまい、ネズミと共に捕まってしまう。

ところが、それはネズミの計画のうちだった。
わざと捕まらなければ、矯正施設、沙布がいる区域に入れないと知っていたからだ。

清掃車が列をなして矯正施設へと向かっていく。
車の中身は生ゴミならぬ、生きた人間たち、西ブロックで捕獲された人々だった。
絶望にうちひしがれるひとたちを、ネズミは歌声で元気づける。
しかし、それは一時のなぐさめにしか過ぎないとネズミはわかっていた。

矯正施設についた清掃車は、生ゴミを集積所に投げ捨てるように、ひとびとを奈落の底へと吐き出したのだった。
落ちていくネズミと紫苑――。


矯正施設の現実を見ても、紫苑には変わって欲しくない。
紫苑のままでいて欲しい。

ネズミの願いはかなうのでしょうか?

1クールなので、かなり駆け足になりそうですが、どうやら一気にクライマックスに突入するようです。
次回を待つ。


テーマ : NO.6
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NO.6 第9話「災厄の舞台」

「あんたには変わって欲しくない  あんたは紫苑のままでいて欲しい」 聖なる祝日を前に行われる清掃作業―― 矯正施設へ潜り込む為 ネズミが取った作戦とは…!    【第9話 あらすじ】 力河(リキガ)の...

NO.6「第9話 災厄の舞台」/ブログのエントリ

NO.6「第9話 災厄の舞台」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
リンク


TVアニメーション「黒執事」公式サイト

月別アーカイブ
筆頭ーーーっ!
プロフィール

Shiki

Author:Shiki
アニメ、声優、BL、ダンスが好物です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。